タカラレーベン東北リクルートサイト

  • トップ
  • 事業紹介
  • 若手社員の声
  • キャリアステップ
  • エントリー

タカラレーベン東北リクルートサイト

若手社員の声

タカラレーベン東北で働く若手社員の声を聞いてみました。

  • 相澤 一寿
  • 伊藤 太郎
  • 川上 麻友
  • 佐藤 克
佐藤 克
佐藤 克
佐藤 克

入社から現在までどのような仕事をしてきましたか。

入社当初は覚えることが仕事でした。接客について、建物について、「営業とは」など、一から教えていただきました。できるようになってくると徐々に接客にも出していただけて。最初は上司の接客のつなぎのような形で出してもらい、結果につなげました。今では接客からご契約までをメインで任せてもらってます。自分の数字だけでなく課の数字にも責任をもって取り組んでいます。
集客活動としては、ポスティングや電話、ダイレクトメール作成などを行っています。

佐藤 克

研修ではどのようなことを教わりましたか。

最初はビジネスマナーを中心に教わりました。不動産に必要な知識の研修は定期的に営業部内で行っています。営業部の研修の中で、経済に関する研修を受けて、自分自身日常的に勉強するきっかけになりました。また、人と接する仕事なので、「人からどう見られているか」と「人にどう見せるか」を習って、自分の個性を活かした接客ができるよう、ひとりひとりフィードバックをもらいながら教えていただきました。

佐藤 克

これまでで最も大変だったことは
どのようなことですか。

とにかく、覚えることが大変でした。私は暗記が苦手なので。(笑)
入社当初まずは物件の概要をすべて覚えることから始めました。物件の構造や建築的な知識、物件の設備仕様、物件のデザインから、価格・管理費・修繕費等の費用まで。
そのほか住宅ローン金利とその計算方法、ライフプランの提案、不動産購入に関する税金や登記費用についてなど、不動産購入に必要な広範な知識を習得することが大変でした。
正直、自分は一人前になれることはないんじゃないかと感じるくらいでした。(笑)

佐藤 克

どのように乗り越えましたか。

当たり前に接客ができている上司の姿が自分を鼓舞させてくれました。
自分は接客ができるようになるのかなという不安は常にありましたが、上司が責任者と接客について話している様子を見て、その様子がお客様の事を本気で考えて真剣に話しているのが私にも伝わってきて。当時は上司たちが話している内容が私には高度すぎて内容はよくわからなかったのですが、知識をつけて会話に混ざりたいと思いました。自分もこうなりたいという思いが強くなり頑張ることができました。

佐藤 克

どんなときにやりがいを感じますか。

やはりご契約をいただけたときです。ご契約の際に「ありがとう」と感謝されることがありますが、その言葉は本当にうれしいです。また、ご契約者様から契約後も頼っていただけるときもうれしいですね。

佐藤 克

タカラレーベン東北に
入社した経緯を教えてください。

正直に言うと、当社に興味をもった入り口は給与が高かったからです。(笑)私は営業がやりたかったのですが、当時選考の過程で当社の営業と話す機会があって、その際対応してくれた営業の社員が女性だったんですけどとにかくすごいなと感じました。上からに聞こえてしまうかもしれませんが当時学生の私から見ても売れる営業マンなんだろうなっていうのがすぐにわかりました。モデルルームの案内や設備の実演もやってくれて、それを聞いて自分もこの仕事がしたいと思いましたね。

佐藤 克

今働いている現場の雰囲気を教えてください。

雰囲気は良いです。会社内での上下関係は厳しいですが、当社の社員はみんな人間っぽさがあり、あたたかいです。会社だけの付き合いという人があまりいませんね。特に同期との仲は良く、プライベートでも仲良くしています。またスタートが同じだからこそそのときの悩みも同じようなことだったりして、お互いを励まし合って頑張ることができました。

佐藤 克

今考えているビジョンを教えてください。

お客様にも会社にも頼られる営業になりたいです。
お客様からは「佐藤さんだから買った」というお言葉をいただける営業になりたいです。また、上司から「佐藤になら任せたい」と思ってもらえるような、そんな営業になりたいと思っています。

就職活動中の学生へ一言お願いします。
  • 相澤 一寿
  • 伊藤 太郎
  • 川上 麻友
  • 佐藤 克
PAGE TOP

Copyright © Takara Leben Tohoku CO.,LTD. All Rights Reserved.