タカラレーベン東北リクルートサイト

  • トップ
  • 事業紹介
  • 若手社員の声
  • キャリアステップ
  • エントリー

タカラレーベン東北リクルートサイト

若手社員の声

タカラレーベン東北で働く若手社員の声を聞いてみました。

  • 相澤 一寿
  • 伊藤 太郎
  • 川上 麻友
  • 佐藤 克
川上 麻友
川上 麻友
川上 麻友

入社から現在までどのような仕事をしてきましたか。

本社研修後、仙台市内のモデルルームへ配属になりました。初めに、営業の1週間の流れや接客についてなど、教えていただきました。その後、接客をどのように進めていくか、「型」を教わりました。その他にも、ポスティングやダイレクトメール作成などの集客活動を行っています。

川上 麻友

研修ではどのようなことを教わりましたか。

社会人としての心構えや礼儀作法、電話対応や敬語の使い方を教えていただきました。研修の中で敬語テストのようなものがあったのですが、入社直前の内定者研修で人事の方からいただいたビジネスマナーの本を読み込んでいたおかげか、良い成績でした。(笑)
電話対応は、研修の中で実戦練習のような形でご指導いただけたので、だんだんと慣れていき、研修の中である程度形にすることができました。

川上 麻友

これまでで最も大変だったことは
どのようなことですか。

一時的にクローズしていたモデルルームの再オープンに伴い、接客のローテーションに入れていただいたときです。それまでは、上司の接客が立て込んだときにつなぎで接客に出させていただくことがほとんどでしたが再オープンの際は私も一人の営業としてカウントしてもらい、スタートから一人で接客を任せてもらえることになりました。新規のお客様の接客に出させていただいたことが嬉しくもあり、大変でした。私なんかでいいのかなと不安が大きかったです。

川上 麻友

どのように乗り越えましたか。

接客する上で重要な、ツールや物件説明は不安がなくなるまで何度も何度も練習しました。
接客対策も、分からないところがなくなるまで、先輩に何時間もしていただきました。調べても理解できないことや話の進め方、話し方など、丁寧に教えていただきました。

川上 麻友

どんなときにやりがいを感じますか。

接客がうまくいったときです。来場されるお客様の気持ちや要望は様々なので、お客様のご希望を伺いながら接客し、もともとお客様が想定されていたことを良い意味で裏切る提案ができたときはとてもやりがいを感じます。お客様自身も気付かなかったニーズを引き出すような提案ができたとき、自分自身も嬉しいですしお客様にも感謝していただくことが多いのも営業の仕事の大きな魅力だと思います。

川上 麻友

タカラレーベン東北に
入社した経緯を教えてください。

管理栄養士養成の大学に通っていたため、管理栄養士として就職する予定でしたが、広い視野で就職活動をしよう、管理栄養士として働くのはいつでもできる、それなら今自分がやりたいことをやろうと思い、一般企業での就職活動に切り替えました。
中でも、当社の女性も男性も関係なく活躍できる環境に惹かれました。また、まめに連絡をくださる人事の方、モデルルーム案内をしてくださった営業の方にすごく惹かれ、この人たちと一緒に働きたいと思ったのも、入社の決め手です。

川上 麻友

今働いている現場の雰囲気を教えてください。

課全員で目標達成のために取り組もう、という姿勢が強く、チームワークがとても良い現場だと思います。課の状況を見て、自分が今何をすべきかを自ら考えて動くことができる上司の姿を見て、課のメンバーもみんな同じような動きがとれるように努力しています。また、プライベートでも課のメンバーでスノーボードに行ったり、たこ焼きパーティーをやったり、(笑)普段から仲良くしていただいています。

川上 麻友

今考えているビジョンを教えてください。

契約を上げ続け、課の数字に貢献できる営業。あと、目先の目標としては、入社1年間の成績を競うホープ賞をとりたいです!!

就職活動中の学生へ一言お願いします。
  • 相澤 一寿
  • 伊藤 太郎
  • 川上 麻友
  • 佐藤 克
PAGE TOP

Copyright © Takara Leben Tohoku CO.,LTD. All Rights Reserved.