タカラレーベン東北リクルートサイト

  • トップ
  • 事業紹介
  • 若手社員の声
  • キャリアステップ
  • エントリー

タカラレーベン東北リクルートサイト

若手社員の声

タカラレーベン東北で働く若手社員の声を聞いてみました。

  • 相澤 一寿
  • 伊藤 太郎
  • 川上 麻友
  • 佐藤 克
伊藤 太郎
伊藤 太郎
伊藤 太郎

入社から現在までどのような仕事をしてきましたか。

入社当初は、仕事内容や接客の流れなどを丁寧に細かく教えていただきました。最初はポスティング活動などの集客活動がメインでしたが、徐々にお客様の接客を任されるようになりました。お客様によって検討状況や希望条件が異なり、ご提案する内容も全く違ってくるので、営業は奥が深いなと日々痛感していますが、その分非常にやりがいを感じられる仕事です。

伊藤 太郎

研修ではどのようなことを教わりましたか。

営業部だけではなく、各部署の業務内容などを教わりました。また、実際に過去に供給された物件や建築現場に足を運び、物件の商品性やデザイン性の高さを改めて実感することができました。その他に営業部が独自に定期的に行う営業部研修もあり、日々新しい知識を吸収しています。

伊藤 太郎

これまでで最も大変だったことは
どのようなことですか。

新規エリアにおける物件の立ち上げですね。エリアによってお客様のニーズや特性は全く違いますし、物件の間取り、設備仕様も変わります。最初は右も左も分からずうまくいかないことが多くて、悔しい思いをしていたこと今でも覚えています。新規物件立ち上げの際の大変な作業はお客様にお見せする物件説明資料作り。自分たちでゼロベースから作ります。例えば車保有率が高い地域の物件の場合、敷地内駐車場だけではなく周辺の月極駐車場の利用者もいらっしゃる可能性があるので、自分たちの足で周辺の駐車場を探して地図にわかりやすくまとめた資料を作ったりします。
また、地域性によって初めて会う営業になかなか心を開いてもらいにくいこともあったので、大変でした。

伊藤 太郎

どのように乗り越えましたか。

先輩社員の存在が非常に大きかったです。困っているときや悩んでいるときはすぐに声をかけてくれて、助けて貰いました。
成果を出せた時には自分のことのように喜んでくれて、それが本当に嬉しかったです。
また辛いときは、自分が立てた目標を振り返るようにしていました。そうすることで目標を見失わず、自分自身を奮い立たせることができました。
家族の存在も大きいです。転勤したときも家族はついてきてくれました。どんなに帰宅が遅いときでも妻は常に起きて待っていてくれますし、昨年生まれた息子の顔を見ると疲れも吹き飛びます。

伊藤 太郎

どんなときにやりがいを感じますか。

成果を出せたときですね。具体的には「伊藤さんだったから買った」というお言葉をいただけてご契約いただけたときです。この成果がお客様の笑顔や幸せに繋がったり、上司に認められた時は本当にこの会社に入って良かったなと心から思います。その度にもっと成長したいという思いも強くなりますし、自分次第でいくらでも成長できる会社です。

伊藤 太郎

タカラレーベン東北に
入社した経緯を教えてください。

実はもともと不動産業には興味がありませんでした。大学の友達や先輩から、「不動産営業っぽい」と勧められたことが不動産を見始めたきっかけです。その不動産業の中でも、初任給が高かった点と、3年連続東北No.1の供給実績だった点から当社に興味をもちました。当社の選考を受けていく中で、会社の歴史が浅い点と従業員数が少ない点から、自分自身成長しやすいのではないかと思い、志望しました。あと、出世が早そうと思いました。(笑)

伊藤 太郎

今働いている現場の雰囲気を教えてください。

現場の雰囲気は良いです。メリハリがあります。ピリッとするときもありますが、みんなで楽しむときは思いっきり楽しみます。

伊藤 太郎

今考えているビジョンを教えてください。

どんな現場でもコンスタントに契約をあげられる営業に、いち早くなりたいです。

就職活動中の学生へ一言お願いします。
  • 相澤 一寿
  • 伊藤 太郎
  • 川上 麻友
  • 佐藤 克
PAGE TOP

Copyright © Takara Leben Tohoku CO.,LTD. All Rights Reserved.